刈谷地区 心身障害児者を守る会

寄付のお願い

ご協力のお願い

支えてくださった皆様、 本当にありがとうございます。

50年前、市役所の会議室に16名が集まって誕生した守る会。今では、1300人を上回る大きな団体に成長することができました。
重い障害があるため、どこにも通えなかったお子さんの受け入れを、いち早く行い、適切な支援を提供するとともに、不安におしつぶされそうになっている親たちへのサポーターとして、守る会の果たしてきた役割は、大きなものでした。どれくらい多くの親子が、救われてきたことでしょう。でも、本当は私たちが支えてきたと思っていた障害ある方々が、守る会を導いてくれていたのです。彼らの生きる姿、存在自体が、守る会の原動力でした。支えているつもりが、じつは、支えられていたのです。毎年夏に行われる「ひかりかがやけ登山」は、これら全てを感じることのできる素晴らしいイベントです。「誰かが喜んでくれることで自分も嬉しい。」「ひとつの目標をかかげ、それに向かってやれる人がやれることを精一杯やってみんなで力を合わせやり遂げたときの達成感はちょっとクセになる。」そして「障がいの有無に関係なく、大人、子どもも関係なく、お互いが支え支えられていると実感できた瞬間の喜びは何ものにも代えがたい。」守る会の活動の醍醐味はここなんだと思います。

ひかりかがやけ登山の様子
ひかりの家バザーの様子

平成14年からは「ひかりの家」が社会福祉法人として認可され、守る会は法人を見守り助ける立場にかわりましたが、引き続き、バザーや一日保育など通じて、多くの障害児者やその家族のサポーターとして、活動を続けております。
活動の中で子どもに教えられたり、障がいのある人たち(チャレンジド)に励まされることのいかに多いことか。この喜びをひとりでも多くの人に知ってもらうためにも、ひとりでもたくさんの方たちとつながりながら、共に喜びを味わっていくことができたら本当に嬉しいです。法人ひかりの家のサポートに留まらず、多くのチャレンジドたちから生きる力を学ばせていただくことこそ、今後の守る会の目指す道だと私は考えます。
これからも、誰もが自分らしく生き生き暮らせるそんな社会を目指して活動してまいります。みなさまの温かいご支援よろしくお願い申し上げます。

刈谷地区心身障害児者を守る会 会長 鈴木小枝

寄付金の使途のご説明

  1. 毎年、会費・バザーの売上等から社会福祉法人ひかりの家へ助成をしています。
  2. 会報を年4回発行しています。
  3. ひかりかがやけ登山等の一日保育の運営費として使用しています。
  4. コンサート、講演会などのイベントを通じて心身障害児者に関する地域への啓蒙を行っています。
ひかりかがやけイベントの様子